スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-コメント

コメントの投稿

予想

UFN 61 予想③

TJウォルドバーガーが減量中に意識を失ったため第3試合が中止になりました。試合数がズレていますがあしからず。

第9試合 ライト級 ルスラン・ハビロフvsアドリアーノ・マルチンス
ハビロフがベンヘンに負けてから8ヵ月ぶりの試合。マルチンスも良い選手ですがまぁここはハビロフで堅いか。勝敗よりもハビロフの勝ち方に注目が集まる。

第10試合 ミドル級 セザール・フェレイラvsサム・アルヴィー
アルヴィーは前日計量でも余裕のある身体で試合もどこかのっそりしていて今の洗練されたUFCの舞台において珍しい選手。打撃は侮れないがTDDが甘すぎる。だがフェレイラも打撃でペースを掴んでから寝技で仕留めるスタイルのため打撃の攻防でアルヴィーが決めてしまうことがあっても驚かない。フェレイラが賢く戦えるかどうか。予想はフェレイラ判定勝利

第11試合 ライト級 エドソン・バルボーザvsマイケル・ジョンソン
超攻撃型ファイターバルボーザが約1年ぶりの復帰ジョンソンと対戦。打撃が強いが打たれ弱いバルボーザとこれまでのキャリアでKO負けがなくシャープな打撃が打てるジョンソン。相性的にはジョンソン有利だがバルボーザほどのストライカーを前にしてどうなるか。うーん個人的にはどこかでジョンソンが左のパンチを当てその流れでKOできると思ってますがバルボーザを過小評価しすぎかなとも思っています。長いリーチを持っていてディフェンスもいいバルボーザを捕えるのは簡単ではありません。予想はジョンソンKO勝利。この試合は今大会イチ楽しみです。

第12試合 ヘビー級 アントニオ・シウバvsフランク・ミア
ヴェラスケスには何回対戦しても勝てないであろうシウバと旬をとうに過ぎたミアの対戦。未来のないカードで正直興味が湧かない。両者TRTを行っていた過去があり、それが禁止された今2人はどんな試合を見せてくれるのか。シウバはTRT禁止後のアルロフスキー戦であっけなく1RKO負け。ミアはTRT禁止後初の試合です。ただでさえ両者とも試合によってコンディションのばらつきがあるタイプなのにそういう事情も考慮するととても予想なんてできない。
上背のあるファイター相手には基本苦戦していてドランカーのケがあるミアが序盤にKOされるととりあえず予想しておく。ミアがシウバをサブミッションで極めたらちょっとは面白いですが、どんな決着になっても「ああ…そう…」となりそうです。
スポンサーサイト

0コメント

コメントの投稿

プロフィール

柿ノ木坂下

Author:柿ノ木坂下

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。