スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-コメント

コメントの投稿

感想

UFN 59 感想

~マクレガーvsシヴァー~
 想像していたよりも圧倒的な差を見せつけマクレガー勝利。マクレガーのリーチ差を活かしたやや遠い間合いからの左ストレートや蹴りをシヴァーは受け続け徐々に消耗。1Rを凌ぐのがやっとで2Rについにダウン、そのままパウンドアウト。相性的に恵まれていたとはいえシヴァー相手に大人と子供という言葉を連想させるほどの試合をしたマクレガー。この選手はやはり恵まれたリーチとそれを活かす長く、速く、威力のあるパンチが強烈。近い距離でもアッパーを混ぜて回転の速いパンチもある。アルド戦が楽しみ。
 もし実現したら3Rあたりにアルドが肩固めで勝利と予想。アルドは打撃が強烈だがそれだけでなく組みからのTDも巧いしローでマクレガーの足を動けなくさせたところでTDして極めきるのではないかと思います。レスリングと打撃を上手いこと散らさずにアルドに勝つのは正直無理に近いのでは。

~セラーニvsベンヘン~
 やはりハイレベルな戦いとなった。意外だったのはベンヘンが組みで勝機を見出すのではなく、遠い間合いからローを中心にしたヒットアンドアウェイ戦法をとったこと。セラーニのTDDの向上、膝をもらうリスクを考えてのことか。その作戦をまあ見事に遂行したベンヘンだったがTDを要所でとられたことが影響したのかジャッジは3者ともセラーニ支持。判定に驚くベンヘンの表情は佐賀北戦の広陵の野村選手(現広島カープ)を彷彿とさせた。
 いやーまぁジャッジ泣かせな試合だった。リアルタイムでみていたが1~3R全てどっちでもいいような気がした。そうなると印象的に今ノっているセラーニにポイントをあげちゃうかなと。セラーニはTDに成功してもロクにパウンドも打てずすぐ立たれていて、最近のUFCは手数や当てた打撃の数を評価する傾向にあったのでベンヘン勝利でも全くおかしくない。ベンヘンの奥足へのローは効いてる感じもしたし。ベンヘンはこれからどうするのでしょうか。ライトのトップどころとはひととおり対戦して思うような結果が出ませんでした。ちょいちょい話が出てるウェルター転向は個人的にかなり見たい。パワーでは劣っても試合が上手く打たれ強さも兼ね備えてるので結構やれそうな気がします。

~ラーキンvsハワード~
 ウェルターに転向し初戦となるラーキンに注目していたのですが、マット・ブラウンを相手にしてもKOされなかった打たれ強いハワードをワンパンで効かせそのままKO。最高の結果に。ハワードは元々結構打たれ強い上に効かされてもタックルにいってごまかしたりするのが上手い選手なのでフィニッシュは厳しいだろうと思っていたのですが、ラーキンのパンチがそれを上回りました。今後にかなり期待が持てる内容といっていいですが、ラーキンはTDDは上手い部類だが自らTDを狙うことは全くといっていいほどなく立ち技だけしたいタイプ。このスタイルだとロリマクやジョニヘンを倒すには至らないかなぁ。でも現王者のローラーも似たタイプだしイケるかも笑 というかローラーには以前勝ってるし今やっても相性的に十分チャンスありそうです。

 今回のアンダーカードは荒れると踏んでいたのですが蓋を開けてみればほとんどの試合がオッズどおり、フェイバリットの勝利でした。試合内容はやはり拮抗していましたが。楽しみだったロサvsソリアーノの試合はちょっと期待ハズレ。ソリアーノのスタミナがないことは重々承知でしたがそれでもあんなにころころTDされるようになるとは。前回はTDの上手いスケリー相手だったのでそのせいもあるかなと思っていたのですが。。。そしてロサもつられるようにかなりバテていてそれも想定外。もうちょっと動けるかなと思っていたが。

今回はこの辺で。次回は来週(今週?)、日本時間1月25日のFOX大会。メインはグスタフソンvsアンソニー・ジョンソンです。またぼちぼち予想でも書いていきます。
スポンサーサイト

0コメント

コメントの投稿

プロフィール

柿ノ木坂下

Author:柿ノ木坂下

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。