スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-コメント

コメントの投稿

予想

TUF 21 Final 予想

スーパーざっくりと

第11試合 トンプソンvsエレンバーガー
最近のエレンバーガーは取捨選択に非常に迷う。明らかに全盛期の動きではないが負けた相手が一流ばかりだし、最近の選手が打たれ強かっただけでなんだかんだまだあの脅威のライトハンドは生きている気がする。最近ノリにノッているウィテカーを難なく破っているトンプソンの実力は疑いようがないのだが一発のあるエレンバーガーを相手にこのオッズでは旨いとは思わない。手を出すか迷うけど安全第一でスルーかなぁ。予想はトンプソン3RKO勝利。

第8試合 マスヴィダルvsフェレイラ
マスヴィダルのウェルター級転向初戦。ライト級ではかなり大きい方だったしこの転向はあまり心配していない。ライト級とウェルター級の間に階級ができたら1番いいんだけど。10月からは減量のリカバーで点滴を打つことが禁止されるしこの階級上げは時代を先取りしてる感じ。これから階級を上げる選手が多く出てくるのでは。
試合の予想だがサブミッションのディフェンスに長けていて打撃がいいマスヴィダルがフェレイラに負ける気がしない。前日計量で体格差をよく見ないといけないが。予想はマスヴィダル判定勝ち。

第6試合 ドーンvsサンダース
サンダースは上半身がかなりデカくレスで上をとりサブミッションを狙う選手。ちょいと戦い方が雑な印象を受ける。ドーンはTDDがそこまで良くないのでもしかしたらサンダースに再三上を取られる展開もあるかなと思うが、仮に上を取られてもドーンの下からの仕掛けはうるさいし打撃でもドーンが有利だろう。ただ、1.2倍ちょいのこのオッズでは手を出しづらい。予想はドーン2Rサブミッション勝利。

第4試合 マキシvsデラトーレ
この試合はこの大会1番の狙い目だと思う。マキシがフェイバリットだがデレトーレの打撃はなかなかのもの。ちょっと変わったパンチの打ち方が少し前にクラウスに勝利したラザロを彷彿とさせる。今までKO負けがないように打たれ強いしマキシの猛攻をしっかりと躱しながら耐えながら、手数と有効打数で上回ると予想している。これまでにチョークでの負けが多いデラトーレだがマキシはサブミッションを使う戦い方ではないのでそのへんも好材料。デラトーレ判定勝利予想
スポンサーサイト

0コメント

コメントの投稿

プロフィール

柿ノ木坂下

Author:柿ノ木坂下

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。